menu

くるまざ大学2020@オンライン*受講者募集!

 あなたのやりたいことはなんですか?

 それは仕事だったり、遊びだったり、暮らしだったり、様々だと思います。もしかすると聞かれてパッと出てこない方も多いかもしれません。しかし、誰かと話していると、「こんなことやりたかったんだ」とか「こんな暮らしが送りたかった」と気づくと思います。

今回はそんなあなたに、オススメしたいオンライン講座をお伝えしたいと思います。

\\ こんなあなたに聞いてほしい //

*会社員で今の暮らしを変えたい方

*自分や周りが生き生きと暮らせる方法を見つけたい方

*これから地方に移住を考えている方、移住先を見つけたい方

*料理、機織り、染め物、音楽、芸術・・・など
自分の好きなことで生きられる方法を模索したい方、模索している方。

 勉強を教えてくれる学校は全国に数多くあるけども、「ほしい暮らし」の実現方法を教えてくれる学校はないと思います。Earth Cube Japan(アースキューブジャパン)では、過去約6年間で全29回のゲストハウス開業合宿、そして全5回のなりわいをつくる合宿を行ってきました。その中で大切にしてきたのは、起業するためのテクニックではありません。

1.受講生自身の「好き」「得意」や、「理想の暮らし」を徹底的に突き詰めてから、プランを考えること。「本当に心からやりたい」という気持ちになり本気スイッチが入れること。

2.開業資金集め、収支計画、許可申請の取り方、など、開業や「ほしい暮らし」をつくるのに必要な情報を惜しみなく提供。さらに少人数制のきめ細やかな指導で一人一人丁寧にプラン作成を支援していること。

3.全国で同時期にほしい暮らしを実現を志す「仲間」ができ、お互い励ましあいながら実現に向けて進めること。

 このことを大切にお伝えしてきた結果、過去約6年間の卒業生のうち、55%にあたる110人がほしい暮らしを実現しています。

 今回の講座は、毎月開催する1年間のオンライン講座です。従来の合宿では3日間で集中的にお伝えしてきたのですが、課題が1つありました。合宿の3日間では、自分の考えをまとめる時間が少ないと言うことです。今回は、毎月少しずつ考えていくことで、講座以外の時間も自分自身や仲間と考える時間があることで、1年後には、丁寧に考えを重ねたプランができるようになっています。今回はオンラインでの開催ですので、インターネットがつながるところであれば、全国から受講することができます。しかし、一緒に学ぶ仲間と一度も会わないのは少し寂しいかもしれません。そこで全12ヶ月のうち、半年毎の2回(3月と8月)はオフラインで開催することにしています。遠くて集まるのが大変と言う方は、オンラインでも同時対応するので、ご安心ください。

 


◆ 年間スケジュール ◆2020年9月~2021年8月

STEP1:「ほしい暮らし」のイメージを固める時間
9月 入学式(オリエンテーション)/基調講演「時代の変化が訪れても、幸せに暮す方法」
10月 家族範囲のていねいな暮らしをイメージする
 これからの暮らしは「効率化」「大型化」ではなく、自分自身が幸せになれる「家族」との丁寧な暮らしなのではないでしょうか。このイメージを固めていくことで、1年間の方向性を作っていきます。
11月 理想が具現化に近づくための〇〇をつくる
 前回でイメージを具現化するには、現在の地点から実現するまでの方法を見つけること。今回は、明確にした「暮らし」に近づくための方法を考えていきます。
12月 暮らしのアートとは
 自分自身が理想的な暮らしを送ること自体が「アート」だと考えています。理想の暮らしを具現化している人たちを知り、自身に置き換えることができるようにイメージをかためていきます。
 芸術(アート):特殊な素材・手段・形式により,技巧を駆使して美を創造・表現しようとする人間活動,およびその作品 by広辞林

 

STEP2:「ほしい暮らし」の実現までの道をつくる時間
1月 想像力が生まれる暮らし旅とは
 これまでにイメージを固めてきた「ほしい暮らし」を具現化する道筋を作るために、「ほしい暮らし」を具現化した人を見つけたいと思います。そうすることで、具現化するまでの道が「たしかに存在すること」を感じられるようになると考えています。

2月 想定顧客の作り方
 あなたが「ほしい暮らし」を送るためにつくりあげる「なりわい」で、どんな人を幸せにしたいですか?お金をいただくのは、相手を幸せにしたことのお返し。こういう人を幸せにしたいと決められたら、幸せにできる道をつくることができます。それがあなたの「ほしい暮らし」の実現につながると考えています。

3月 大人の修学旅行【オフライン開催】
 後半のはじまりは、オフライン開催。半年間ともに時間をすごして「ほしい暮らし」を考えてきた仲間と一緒に「ほしい暮らし」の実践者のところへ、旅に出ましょう。
*半年間で出てきた受講生の具現化への道のヒントとなる実践者のところに行きます。行き先は講座内でお知らせします。
4月 アナログのインターネット
 「ほしい暮らし」を具現化することは「アナログな場所」しかし、これをインターネットで発信することにより、「面白そう」と興味を持ってくれる人がでて、その人自身が紹介し発信してくれることにより、あなたの「ほしい暮らし」が実現すると思います。手が届く範囲のアナログな部分と、多くの人に知ってもらうことができるインターネットをあわせた「ほしい暮らし」づくりを学びます。

 

STEP3:ふりかえり、再びまとめる時間
5月 理想を具現化する方法を学ぶ
  11月に一度考えた「理想が具現化に近づく〇〇」をもう一度考えてみましょう。半年で考えたこと、知ったこと、仲間からの知恵が集まった更に深いものにしていきたいと思います。
6月 わざわざ行きたくなる理由とは
 素敵なことをしているけども全国的には知られていないけど、紹介したい人や紹介したい場所を作るということについて考えてみたいと思います。
7月 本当にしたいことを明確にする
 約1年間考えてきたことをここでもう一度考えてみましょう。本当にしたいと思えること、きっと1年の間に見つかっていると思います。それをかためて、第一歩を踏み出すことをやってみたいと思います。
8月 修了式【オフライン開催】
 最後は再び、オフラインで膝を突き合わせ車座で語り合いたいと思います。お互いの顔を見ながら1年間をふりかえり、自分と仲間の「ほしい暮らし」を実現する一歩を踏み出しましょう。

 


◆ ポイント ◆
 Earth Cube Japan(アースキューブジャパン)では、過去約6年間で全29回のゲストハウス開業合宿、そして全5回のなりわいをつくる合宿を行い、全国で開業した人が110名を超えました。その経験をもとに「ほしい暮らし」を具現化するために必要なことを今回の講座に入れ込みました。

① 全国の仲間ができる
「ほしい暮らしは、自分ひとりの力で具現化するもの」と思っていませんか?ひとりで具現化よりも、仲間と一緒に具現化した方が、早く確実に実現することができます。なぜなら、仲間の数の分だけ知恵が多く集まるし、頑張るエネルギーにもなるから。同じスタート地点に立つ仲間が全国にできるのも、この講座の魅力のひとつです。

③ Facebookグループページ(受講生のみの非公開グループ)では、いつでも質問OK
 仲間といつも励まし合い、知恵を出し合うためのグループをつくります。高校や大学とは異なり、毎日会うことができないけれども、オンライン上でのつながりを作ります。講座以外でもアイデアを出し合うことで、講座がより充実になると考えています。講師やファシリテーターも必要に応じて参加します。

② 講師の中村が年に4回、個人面談(約30分)を行い、進捗情報や方向性を個別に確認
講師の中村は、全国47都道府県をくまなく歩くことで各地の暮らしの独自の魅力を発見して、その地域の誇りを創出するので定評があります。「丁寧な暮らし」を全国各地で見てきている上でのアイデアやアドバイスを講座でもお伝えするのですが、他の受講生の前では聞きづらいことも、3ヶ月に1度、個人面談を行いサポートしますので、安心してご相談いただけます。

◆ 1年間の講座卒業後の姿 ◆

1.自分自身の理想とする暮らしである「ほしい暮らしプラン」ができ、具現化に向けて動き出している状態

2.一人ではなく、ともに高め合う仲間を全国につくること

 

◆ 卒業生の声 ◆
今までにアースキューブジャパンの合宿を卒業された方の声をお届けします♪

後藤あすか さん(1983年生まれ)
2015年開催 第7回「地域まるごとゲストハウス開業合宿」参加
2019年8月1日 宮崎県高千穂町「たかちほ 旅人とまちの宿 さんかく」開業

大好きな地元で自分がキャッキャと楽しく暮らしていくことが人生の目標です。 その自分の目標達成のために「ゲストハウスだ!」と興奮したのはいいものの、どうしたらいいもんだか、ネット検索や図書館でもイマイチ答えは見つからない時に出会ったのが開業合宿です。

自分の夢や想いを誰かの前で声を大にして発すること、それに誰かが反応してくれる…単純なようでとても重要な時間を過ごしました。 そこには、同じように志を高く持つ仲間も、それぞれの個性を経験や知識を持って引き伸ばしてくれる講師や先輩もいます。

そうしてその合宿を基に、今スタートラインに立っている私の今があります。

大人になった私たちだからこそ、自分の人生や暮らしの糧にするべく、習得したいものを自分で選び学ぶことができます。

1年間の大学を受けたあとの皆さんの動向が気になって仕方がありません。私も宿に邁進していく中で、皆さんにもどこかでお会いできることを楽しみにしております。

 

 



◆ 開催概要 ◆

日程:2020年9月~2021年8月
毎月第1日曜(19時~20時30分)→ 講義ライブ配信 *後からアーカイブ再生可能
毎月第3日曜(19時~21時)→ ゼミ形式(グループワーク) 計24回

講義方法:zoom等のインターネットを利用した配信
*インターネットにつながれば、どこでもOKです。
*3月と8月は、オフラインにて開催します。受講された皆さんの「ほしい暮らし」の一歩を踏み出せるような体験ができる会場で行いたいと思います。現地にて参加できない方もオンライン参加できるのでご安心ください。

受講料:月19,000円×12ヶ月分
*原則1年単位での受講となります。
*年2回のオフライン開催時の交通費等は実費

募集人数:定員10名
*「車座/対話」を大切にしたいので、少人数制とさせてもらいます。

応募方法:下記のフォームから応募ください。

応募締切:一次締め切り:2020年6月14日(日)
*先着順ではなく、書類選考とさせていただきます。
*選考結果は、締め切りの1週間後までに合否に関わらず連絡させていただきます。

お問い合わせ:NPO法人アースキューブジャパン事務局
くるまざ大学担当:earthcube.air@gmail.com
*お気軽にお問い合わせください*


<講師紹介>

メイン講師:中村功芳(ストーリーメーカー/アースキューブジャパン代表理事)
 古民家活用、地域おこし協力隊のメンター、 DMOやインバウンドに関する講演やセミナーを40都道府県で行い、日本全国の行政と連携 している。主催する「地域と生きるゲストハウス開業合宿」や「地域で生業をつくる合宿」を 過去30回以上開催し、開業した人が110名を超え、全国のモデルとなるまちづくりの拠点や 生業を輩出。自らも地域活性化のため、空家を活用してカフェや宿の運営を始め、わずか3年 で世界52ヶ国、3年で120,000人以上が集まる地域発信の拠点へと成長させ世界に発信した。

中村からお伝えしたいこと
 「大きな夢」を持った人がいても、残念ながら世の中には「できないんじゃないか」という人の方が多いと感じています。特に「枠にはまった成功事例を持つ人ほど反対する傾向があるような気がします。でも、私は反対をされたとき「本当に無理なのかな」と思います。具現化するにはどうしたらいいか考え、お互いにサポートをすれば、夢をかなえる人はどんどん増えてくるんじゃないでしょうか。そんな場所を皆さんと共に作っていきたいと思っています。 皆さんとお会いできるのを楽しみにしています。

ゲスト講師:必要に応じて「ほしい暮らし」を実現している方をゲスト講師としてお招きします。
 例えば、地方でパン屋さんを開業した方、カフェを開業した方、家族との暮らしを楽しんでいる方、自分たちが食べる分だけの作物を作って丁寧な暮らしを送っている方、ゲストハウスを運営している方など

ファシリテーター*中谷翔(地域まるっと体感宿 玉村屋コーディネーター/アカンパニスト)
 アースキューブジャパン主催「第4回なりわいをつくる合宿」卒業生。
6年前までは、東京・新宿にある旅行会社で普通のサラリーマン生活を送る。旅行会社の仕事に疑問を持っていたこともあり、地方移住を決意。岐阜県白川村の宿泊施設でのホテルマン経験を経て、福井県南越前町で地域おこし協力隊として移住。2019年2月に「地域まるっと体感宿 玉村屋」を開業。以後、「ゲストハウス開業合宿」や「島まるごとユニバーシティ」でファシリテーター、事務局として運営をサポート。

中谷からお伝えしたいこと
 今、特別なスキルがなくても大丈夫です。僕自身も6年前までは、どこにでもいる会社員でした。特別なスキルがあったわけではありません。それでも今は「ほしい暮らし」を送っている幸せを感じています。一歩踏み出したからこそ、今の暮らしが送れていると思います。あなたも一歩踏み出してみませんか?僕も全力で応援し、お手伝いします!

 

ー くるまざ大学・申し込みフォーム ー

 

瀬戸内の暮らし・オンライン体験会*満員につき、日程追加しました!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP