menu

第37回『地域と生きるゲストハウス開業合宿』特別企画~卒業生の声④

こんにちは!
37回『地域と生きるゲストハウス開業合宿』事務局です。
開催特別企画、卒業生の声Part④をお届けします。

過去3回、卒業生の声をお届けしてきましたが、いかがでしたか?

ワクワクしてますか?

今日もご覧頂いているあなたに、ワクワクを届けにきました♪

さて、今日ご紹介させて頂くのは

香川県三豊市で瀬戸内ゲストハウス タイヨウとうみ

を営まれている、オーナーの上野綾子さんです。

 

 

 

【ゲストハウスの紹介】

海と山、みかん畑に囲まれ、瀬戸内海に沈む夕陽が臨める一軒家のゲストハウス
父母ヶ浜にもほど近く、地の魚や畑で採れた無農薬野菜等を使った家庭料理を提供しています。


(ご朝食)


(ご夕食)

“朝も夜も品数がたくさんあって、とっても美味しそう!”

 

【合宿参加をきっかけに大きく変わる】

オーナーの綾子さんは
20年近く東京に住んでおり、「新しい場所で何かを始めたい」「子育てを自然豊かな場所でしてみたい」
という思いから、移住を検討されていました。

そんな時
滞在していたゲストハウスの宿主さん(功芳さん)に誘ってもらって、参加を決められました。
合宿に参加した事で知り合った仲間に、いろんな場所を教えてもらい、その中で現在ゲストハウスがある地域に移住を決める事ができたそうです!

“なるほど、合宿に参加すると仲間ができるんですね!”

一年半もの間、移住先を探していた綾子さん。
この合宿に参加していなければ、三豊市を知ることも、移住することもなかったと語ります。
そんな綾子さんは、ご両親に『なぜ香川に?』と聞かれた時、『住んだ事ないところに住んでみたいから』と答えたそうです笑

“素直で真っ直ぐな気持ち、いいですね!”

旦那さんはリモートワークが可能だった事もあり、綾子さん自身は仕事を辞める不安よりも、ワクワクがいっぱいあったそうです。

【ライフスタイルの変化】
移住して、ゲストハウスとなる物件に出会われた綾子さん。
自宅とゲストハウス物件のリフォームは、工務店と自分たちで行い
都会では業者任せで当然と思えることも、まずは自分たちでやってみるという考え方に変わりました。

地域の人たちのサポートもあって、初めての畑や庭作り、保存食や食事の手作りが増えたことで
子供たちも、与えられるのではなく、自分たちで創意工夫した遊びをするようになったそうです!

ゲストハウスの方は、幸いにも父母が浜へ(上の写真)の観光客が増え、外国人ゲストをターゲットにして、家族とゲストと共に囲む食卓は、とても楽しいひとときでした。
コロナ禍を経て、子供たちも成長し、娘は東京への進学を希望したので、現在は東京との二拠点生活となっています。

ライフスタイルは、時の経過とともに変化すると感じているそうです。

【綾子さんが合宿をお勧めしたい理由】

”ここからは綾子さんの言葉でご紹介します!”

まず第一に、一つのチャンスやきっかけになると思います。
そして、同じ夢を追っている仲間にも出会え、情報交換ができ、人脈を作ることができます。

その土地のキーマンを見つけて、話をして、友だちになって物件を見つける、という話を合宿で聞いて、本当にそんなことができるのかなと思っていましたが、実際その通りになり、現在の物件が見つかりました。

当時参加した合宿では、自分が理想としたいゲストハウスオーナーさんが来られており、苦労話なども伺って、たくさんのヒントをいただきました。

ゲストハウス運営だけではなく、地域への溶け込み方、コミュニティ作り、困ったときにどうすればいいかなど、相談できる人たちに出会えるのも大きな魅力かなと思います。

参加者は、年齢も違うし、単身者か、パートナーがいるか、家族がいるか、背景もそれぞれ異なるので、抱えている想いや課題なども、とても参考になると思います。

また、自分がやりたいと考えていたことが、イメージ図を描くことでより明確になり、他の人からのアドバイスなどもいただけるので、より自信を持てるようになると思います。

―上野綾子―

第37『地域と生きるゲストハウス開業合宿』詳細

【開催詳細】

日程 512日(金)11時集合~514日(日)14時解散

場所 愛媛県宇和島市「Dear Uうわじまゲストハウス&カフェ」※卒業生の開業施設です!

費用 68,000円(税込み/交通費、滞在中の食費・宿泊費は別途)

定員 810

お申し込み開始 312日(月)1000

 

【こんなかたにおすすめ】

37回となる当合宿は、とくに次のような方のご参加を強くおすすめします。

地域の魅力を世界に発信する「グローカル」なゲストハウスやカフェを開業したい

古民家や空き家を活用して地域の方や地域外からのお客様のよりどころを運営したい

全国各地や世界各国から人が集まってくるまちづくりの拠点を創出したい

好きな地域へ移住して、好きなことを生業として、理想のライフスタイルを実現したい

上記に限らず、自分のやりたいことは何か、自分にできることは何かを考え、実現にむけて具体的に行動をおこしたい

これらの課題解決のヒントとなるエッセンスが、第37回「地域と生きるゲストハウス開業合宿」および、Dear Uうわじまゲストハウス&カフェには存在します。

【どんなことを学ぶのか?】

◆ゲストハウスのこれまでとこれからについて

◆「わざわざ」お客様が訪れる理由

◆地域に必要とされるには

◆資金集め、収支計画について

◆情報発信(広報)、集客について

講師の経験をもとに、参加者の知りたいすべてをお伝えします。

夢の発見・実現を本気で目指す方を対象に、私たちアースキューブジャパンの蓄積してきたノウハウをお伝えするのが当合宿です。唯一無二のコンセプト作りから、資金繰りや収支計画作成など現実面まできめ細やかにフォローいたします。

地域に愛されて、自分も周りの人も笑顔で幸せにできるゲストハウスづくりを叶えるためには何が求められるのか、10年続けるためにはどんな心構えや行動が求められるのか、3日間かけて共に学びます。

正直にお伝えすると、当合宿は「旅行」や「お泊り会」感覚でのご参加は難しいです。大量の課題やワークをとおして、自己と常に向き合い続けます。それは時に厳しい現実と直面することも意味しますが、自分の現在地を正しく認識し、方向性を定めることが可能になります。想いを深く掘り下げ、横に拡げて波及し、志を高く掲げ、全国に本気でチャレンジする心強い仲間・同士との絆を築くまたとないチャンスでもあります。

本気で取り組む方ほど、得るものや切り開く未来はいくらでも増やすことができます。

 

ここまで熟読していただき、少しでもご興味をお持ちいただけた方は、当合宿へ奮ってお申し込みください!

 

【お申込み方法】

 下記必須項目をコピー&本文にペーストして、earthjapan.a@gmail.com NPO法人アースキューブジャパン)まで、メール送信してください。※開催概要についてのお問い合わせもお気軽にどうぞ!

<タイトル> 第37回ゲストハウス開業合宿申し込み

<必須項目> ①名前 ②電話番号 ③住所 ④年齢 ⑤職業 ⑥簡単な自己PR ⑦当合宿で学びたいこと

48時間以内にご返信いたしますが、万が一返信がない場合は、お手数ですがお電話くださいませ。(090-2800-5555

 

【講師】

NPO法人アースキューブジャパン代表理事/地域と生きるゲストハウスストーリーメーカー

中村あつよし

第37回『地域と生きるゲストハウス開業合宿』特別企画~卒業生の声③

第37回『地域と生きるゲストハウス開業合宿』特別企画~卒業生の声⑤

関連記事

  1. 第14回「地域と生きるゲストハウス開業合宿」

    ◆ 地域に必要とされるゲストハウス開業合宿第14回 / 2016年 7月8日(金)・9日(土…

  2. 主催者”あっちゃん”て何者?〜第37回『地域と生きるゲストハウス…

    おまたせしました!第37回『地域と生きるゲストハウス開業合宿』事務局です。開催特別企画として…

  3. どんなゲストハウスを作りたい?

    アースキューブジャパン, ゲストハウス開業合宿, トークライブ, 暮らし旅,…

  4. 【ご報告②】第18回「地域と生きるゲストハウス開業合宿」IN鎌倉…

    皆さんは、ゲストハウスというとどのようなイメージをお持ちでしょうか。「安い」「泊まった人同士…

  5. 第12回「地域と生きるゲストハウス開業合宿」

    第12回 / 2016年 4月15日(金)16日(土)17日(日)ー終了致しましたー…

  6. 【ご報告③】第19回「地域と生きるゲストハウス開業合宿」

    出身地も年齢もぜんぜん違う。同じなのは”宿を開きたい”という思いだけ。そうして集まっ…

  7. 合宿会場のご紹介

    こころ"まじわう"ところこのゲストハウスもそうでありたい。そんな想いから"ひらがな"にもこだ…

  8. 【ご報告③】第18回「地域と生きるゲストハウス開業合宿」IN鎌倉…

    朝活トークライブ「地域で見つけた未来の新しい生き方」合宿3日目(最終日)の朝…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP