menu

【2022年度参加者募集】くるまざダイアログ大学@オンライン*受講者募集!

こんにちは!このページは

社会人の自立・自走した起業家や、これから起業する人におすすめしたい、くるまざダイアログ大学についてのご案内です!


くるまざダイアログ大学事務局

 

くるまざダイアログ大学とは

 

このくるまざ・ダイアログという言葉には、こんな想いを乗せて名づけています。

くるまざとは

「上座、下座もなくお互いが顔をあわせて対話を重視する場」で

・心ある生き方を求める人が自由に語り合える場

・何者にも属さない個人の立場から主体的な意見が交わる場

・共に生きる人々と語り合い行動を起こす場

ダイアログとは

否定をせず、お互いに尊重しあうことで、いままで生まれなかったものが

新しくダイアログ(対話)によって生まれる

「ひと」「自然」「自分」との対話

「くるまざ」「ダイアログ」から

お互いが高まりあい、新しい発想やアイデアが生まれる場です。

 
 アースキューブジャパンが今までに開催し、多くの実践者を輩出してきた「ゲストハウス開業合宿」などの講座では、この”くるまざ”を大切にしてきました。講師が教えて、受講生が聞くというだけの学習スタイルではなく、様々な背景や知恵を持つ受講者を含めて”くるまざ”になり、立場関係なく、受講者それぞれが夢を実現する方法を一緒になって考えるという時間も大切にした結果、多くの卒業生が夢を叶えているのだと考えています。


くるまざダイアログ大学の特徴

 

1   ゼミで学び深まる!受講生の目指したい「ありたい姿」から各講師陣の特性を活かした

ゼミを新設!

社会へ還元する、経営をブラッシュアップする

真の社会起業家の集い・ゼミ    

くるまざダイアログ大学 特任教授 佐藤正和×中村あつよし


起業したい人・自立。自走している人が市場をおうのではなくニーズをつくること

理想を現実化する・ゼミ  

くるまざダイアログ大学 中村あつよし

先を見据えた持続する事業展開

50年・100年持続する社会をどうつくる・ゼミ

くるまざダイアログ大学 特任教授 森 高一


本当にやりたかったことを掘り起こし立ち上げる

自分らしい生き方を決める・ゼミ 

くるまざダイアログ大学 特任教授 中村隊長

受講生に希望のゼミを聞いて事務局との相談の上、メインのゼミを決定します。

各回により他のゼミへオブザーブが可能で、それぞれの分野での知見が広がります。

主催するNPO法人Earth Cube Japan(アースキューブジャパン)


これまでに「地域と生きるゲストハウス開業合宿」や「なりわいづくり合宿」を過去30回以上全国で開催。

合宿の卒業生は200名以上、そのうち、110名の卒業生は日本各地で自分の将来の暮らしを本気で考え、その後実際に起業、開業をしており、宿に限らずカフェや他様々な生業など、いずれも地域に欠かせない拠点となっています。

この開業率55%という数字は、起業系講座の中では群を抜いて高いものです。

その理由は、Earth Cube Japan(アースキューブジャパン)が、起業するためのテクニックにとどまらず、仲間づくりやひとりひとりの想いを大切にしていることが大きく関わっています。

              全国に110箇所、ゲストハウスや自分の生業、ほしい暮らしを叶えているマップ

  くるまざダイアログ大学は、毎月開催する1年間のオンライン講座です。従来の講座では課題が1つありました。それは実践する機会がないと言うことです。プランを計画するだけではない、実践し、改善をしながら更に実践していく。こうすることが「ほしい暮らし」を実現する近道だと考えています。

講座で学んだことを踏まえて実践する。実践したことで出てきた課題をゼミに持ち込み、講師や受講生とアイデアを出し合うことで、さらに進むことができると考えています。

1年後には、実際に少し実践してみた上での「ほしい暮らし」へ進んでいることでしょう。

 

講座の日程

①原則毎月第1日曜日 例)19時30分~21時30分 に講義を配信
*動画会議アプリzoomを用いて双方向交流型の講義
*講義動画は、収録し配信するため、繰り返しの視聴が可能
*グループワークについては、システム上収録ができませんので、後日配信には含められません。②必要に応じて講義時に個人ワークを提示

③原則毎月第3日曜日 例)18時30分~21時30分 にゼミ形式
*やってきた個人ワークをもとに、グループで考える*講義、ゼミともに30分前には開場しますので、進捗共有などを行うことができます。
*一部、日程の変更がある場合があります。

 

 

1年間の流れ

 

STEP1:「ほしい暮らし」のイメージを固める時間
9月 入学式(オリエンテーション)/基調講演「時代の変化が訪れても、幸せに暮す方法」

10月 家族範囲のていねいな暮らしをイメージする
 これからの暮らしは「効率化」「大型化」ではなく、自分自身が幸せになれる「家族」との丁寧な暮らしなのではないでしょうか。このイメージを固めていくことで、1年間の方向性を作っていきます。

ゲスト講師:加藤瑛美氏

11月 理想が具現化に近づくための〇〇をつくる
 前回でイメージを具現化するには、現在の地点から実現するまでの方法を見つけること。今回は、明確にした「暮らし」に近づくための方法を考えていきます。
ゲスト講師:増田望三郎氏


12月 暮らしのアートとは

 自分自身が理想的な暮らしを送ること自体が「アート」だと考えています。理想の暮らしを具現化している人たちを知り、自身に置き換えることができるようにイメージをかためていきます。
ゲスト講師:髙坂 勝氏 

 

STEP2:「ほしい暮らし」の実現までの道をつくる時間
1月 想像力が生まれる暮らし旅とは
 これまでにイメージを固めてきた「ほしい暮らし」を具現化する道筋を作るために、「ほしい暮らし」を具現化した人を見つけたいと思います。そうすることで、具現化するまでの道が「たしかに存在すること」を感じられるようになると考えています。

2月 想定顧客の作り方
 あなたが「ほしい暮らし」を送るためにつくりあげる「なりわい」で、どんな人を幸せにしたいですか?お金をいただくのは、相手を幸せにしたことのお返し。こういう人を幸せにしたいと決められたら、幸せにできる道をつくることができます。それがあなたの「ほしい暮らし」の実現につながると考えています。


3月 大人の修学旅行
 後半のはじまりは、大人の修学旅行。半年間ともに時間をすごして「ほしい暮らし」を考えてきた仲間と一緒に「ほしい暮らし」の実践者の話を聞いてみましょう
*前半で出てきた受講生の具現化への道のヒントとなる実践者に話を聞きます。オンラインが基本ですが、希望者は現地を訪問することもできます。

4月 アナログのインターネット
 「ほしい暮らし」を具現化することは「アナログな場所」しかし、これをインターネットで発信することにより、「面白そう」と興味を持ってくれる人がでて、その人自身が紹介し発信してくれることにより、あなたの「ほしい暮らし」が実現すると思います。手が届く範囲のアナログな部分と、多くの人に知ってもらうことができるインターネットをあわせた「ほしい暮らし」づくりを学びます。

 

STEP3:ふりかえり、再びまとめる時間
5月 理想を具現化する方法を学ぶ
  11月に一度考えた「理想が具現化に近づく〇〇」をもう一度考えてみましょう。半年で考えたこと、知ったこと、仲間からの知恵が集まった更に深いものにしていきたいと思います。

6月 わざわざ行きたくなる理由とは
 素敵なことをしているけども全国的には知られていないけど、紹介したい人や紹介したい場所を作るということについて考えてみたいと思います。

7月 本当にしたいことを明確にする
 約1年間考えてきたことをここでもう一度考えてみましょう。本当にしたいと思えること、きっと1年の間に見つかっていると思います。それをかためて、第一歩を踏み出すことをやってみたいと思います。


8月 修了式【オフライン開催】

 最後は再び、オフラインで膝を突き合わせ車座で語り合いたいと思います。お互いの顔を見ながら1年間をふりかえり、自分と仲間の「ほしい暮らし」を実現する一歩を踏み出しましょう。

 

講座のポイント

① 月2回のオンラインと時々開催するオフラインの双方が充実していること。

※希望者には選考後、事務局は受講生が高め合える場所を全国110箇所の「よく生きる・よく暮らす」を実践している人の中から紹介することもできます。

全国の仲間ができる

仲間を応援することが自分の目標達成にもつながる。

仲間の数の分だけ知恵が多く集まるし、頑張るエネルギーにもなるから。同じスタート地点に立つ仲間が全国にできるのも、この講座の魅力のひとつです。

③校舎がない代わりに、豊かな暮らしをしている人に会ってくるまざ・ダイアログできる「体感」を重視していること。

④講師,双方が学びを生み出す環境であること。(ダイアログ)

など、ひとりひとりのブラッシュアップのため、1年で実践しながら学び、高め合えることができるのもくるまざダイアログ大学だからできることです。

在校生の声


くるまざダイアログ大学を受講して(在学生&卒業生の声を一部抜粋しています

・講師中村の話を聞いて、

 なぜ、その事業をするのか?目的が明確になってきた自分の人生を楽しむため、家族を幸せにする為だと気づくことができた。

・講師のお話し聞いて、事業に対する考え方に感銘を受けました。 『慈善で成り立つ事業はない。仕組みになっていないと駄目』『競合相手と戦うのではなく、業界を変えるぐらいの発想が必要』『社会的起業(SDGs など社会問題を解決する)』このようなトピックで話を聞いて、事業に対する考え方が全く変わった。

自分自身の取り組みとして『暮らしの中でなりたい自分を意識する』ようになりました。

他、いままで思い描いていたやりたかったことを仲間や講師のサポートを得て形にしています!

開催概要

期間:2022年9月~2023年8月


◆ 専用の共有アプリでは、いつでも質問OK
 仲間といつも励まし合い、知恵を出し合うためのグループをつくります。講座以外でもアイデアを出し合うことで、日々の実践のサポートが充実すると考えています。講師やファシリテーターも必要に応じて参加します。

◆必要に応じて、講師やファシリテーターが個人面談を行い、進捗情報や方向性を個別に確認
講師の中村は、全国47都道府県をくまなく歩くことで各地の暮らしの独自の魅力を発見して、その地域の誇りを創出するので定評があります。「丁寧な暮らし」を全国各地で見てきている上でのアイデアやアドバイスを講座でもお伝えするのですが、他の受講生の前では聞きづらいことも、必要に応じて、個人面談を行いサポートしますので、安心してご相談いただけます。

講義方法:zoom等のインターネットを利用した配信
*インターネットにつながれば、全世界どこでもOKです。
*年2回、オフラインにて開催します。受講された皆さんの「ほしい暮らし」の一歩を踏み出せるような体験ができる会場で行いたいと思います。現地にて参加できない方もオンライン参加できるのでご安心ください。
 
受講料:月20,000円
*1年単位での受講となります。
*年2回のオフライン開催時の交通費等は実費

募集人数:各ゼミごとの募集 定員5名づつ
*「車座/対話」を大切にしたいので、少人数制となっています。

講師紹介

メイン講師:中村功芳(ストーリーメーカー/アースキューブジャパン代表理事)
 古民家活用、地域おこし協力隊のメンター、 DMOやインバウンドに関する講演やセミナーを40都道府県で行い、日本全国の行政と連携 している。主催する「地域と生きるゲストハウス開業合宿」や「地域で生業をつくる合宿」を 過去30回以上開催し、開業した人が110名を超え、全国のモデルとなるまちづくりの拠点や 生業を輩出。自らも地域活性化のため、空家を活用してカフェや宿の運営を始め、わずか3年 で世界52ヶ国、3年で120,000人以上が集まる地域発信の拠点へと成長させ世界に発信した。

中村あつよしからのメッセージ

みなさんの望みを実現するために様々なストーリーを描く、「ストーリーメーカー」の中村です。全国に「地域と生きるゲストハウス」を広め、卒業生200名以上、うち110名の起業を後押しし、コロナ禍でも持続する生業の実現をサポートしてきました。

自らも、ゲストハウスに限らず、幾度もの起業、集客、運営を経る中で「できない理由」ではなく「できること」しか考えてこなかったことが成功へつながっています。

そんな体験があるから、誰かがあなたの夢を「そんなのことできるの?」と言ったとしても、僕は最後まで「いいね!やってみない?」とニヤニヤしながら伝え続けます。

そして1年間ダイアログ(対話)を通じてみんなと一緒にあなたの理想や想いを101パーセント引き出し、実践とトライアルを通じて自信を引き出し、目に見える現実へつなげていくサポートをします。

くるまざダイアログ大学特任教授・講師

くるまざダイアログ大学で一緒に伴走するのは個性豊かなエキスパートです。

佐藤 正和 くるまざダイアログ大学特任教授


神戸大学客員教授

専門は、アントレプレナーシップ(起業家精神)教育・アート思考の実践教育。

自身も学生起業を皮切りに大小20の創業・事業創造の経験を持つ。

主なものに最高級日本茶を扱うブランド 祇園 北川半兵衞(宇治茶流通トップシェア企業とのJV)のプロデュースや、アトラグループ(ヘルスケア。東証一部)での株式上場がある。

自分の心に従い本当に取り組みたいことや出来ることから小さく始め、「弁証法的対話」により様々な共感者を巻き込み、新しいアイデアやビジョンを止揚させていく自利利他の精神をベースに、途中に起こる失敗や経験にこそ価値を見出し、変化や不確実ささえも味方に事業創造をしていくエフェクチュアルアートシンキング(実効的な藝術思考)を提唱している。

森 高一  くるまざダイアログ大学特任教授


1967年、東京都出身。立教大学大学院異文化コミュニケーション研究科博士前期課程修了。異文化コミュニケーション学修士。

参画・協働型の場づくりを第一に、環境教育施設の企画・運営をはじめ、企業や行政の環境コミュニケーションの現場をつくる環境プランナー。

日本エコツーリズムセンターで、国際的なサステイナブル・ツーリズムの認証制度の国内展開をはかっている。

一般社団法人ダイアローグ・ジャパン・ソサエティで、2020年8月「ダイアログ・ミュージアム 対話の森」解説に携わり運営をサポート。視覚障害者聴覚障害者を対象としたダイアログ・アテンドスクールを担当。

中村 隊長  くるまざダイアログ大学特任教授


1996年、日本で唯一、”旅行を売らない” 旅行会社を設立し、そのユニークな事業活動で「旅行業界の異端児・カリスマ」としてマスコミに数多く取り上げられる。2018年、22年間経営してきた旅行会社を手放してフリーランスに。2019年からは「地球探検隊」の中村隊長としてトークライブ、執筆活動、出版プロデュース、ラジオのパーソナリティを行っている。

著書に『これが世界の見方が変わる旅だ!: ~ミクロネシアの無人島~JEEP ISLAND編 Kindle版』、『どんなピンチも笑いに変える逆境力: ~勇気と元気がもらえる中村隊長エピソードゼロ~ Kindle版』、『ようこそドラマチックジャーニーへ』、『引っぱらないリーダーが強いチームをつくる』などがある。

増田 望三郎 くるまざダイアログ大学講師


 

北アルプスの麓に広がるリンゴの産地安曇野で築90年の古家を仲間たちと改修したコミュニティ・ゲストハウス、地球宿を運営。

農業や田舎暮らし体験ができ、夢を語る会や出産ステイ(安曇野での出産前後の滞在)などユニークなイベントや体験も行っている。

移住して10年目に安曇野への思いが高まり、市議選に立候補し当選。現在安曇野市議として行政と地域に向き合う中で、これからのゲストハウスはローカルにあるヒト、モノ、コト、情報をつないで地域活性化を担うpublicness(公共性)が必要だと考える。

 

髙坂 勝 くるまざダイアログ大学講師


2004年から池袋の隅っこで14年間、 小さな Organic Bar “たまにはTSUKIでも眺めましょ”を独り営み、現在、米作りや移住斡旋の NPO SOSA PROJECT を運営する傍ら、農家民宿や自宅民泊、その他活動を手がける。経済成長主義に違を唱え、「半農半X」「地方移住」などを実践し、後ろ姿で時代を先導してきた。経済縮小と人口減少社会を希望とした活動・執筆・講演などにいそしむ。

著書に『減速して自由に生きる〜ダウンシフターズ〜』『次の時代を、先に生きる』など。

加藤 瑛美  くるまざダイアログ大学講師


京都大学総合人間学部卒。国際NLP心理学トレーナーとしても活動。当講座の前身である、夢を具現化する人気の合宿シリーズ「地域と生きる ゲ

ストハウス開業合宿」を中村とともに作り上げた。

 現在は、岐阜県大野町にて「古民家宿ホニャラノイエ」を運営しつつ、ライターなど複数の仕事で「暮らし」をつくっている。

 

講師という立場関係なく、共に支え合う仲間となり、気が付いたら「ほしい暮らし」が実現していることでしょう。

 

2022年度3期生のエントリーについて

応募締切

推薦者枠:受付中〜締め切り4月

一次募集:2022年5月1日〜5月中

二次募集:2022年6月1日〜6月末

*先着順ではなく、書類選考とさせていただきますが、応募者多数の場合は早めに締め切ることもあります。応募をお考えの方は、早めの応募をお願いします。
*選考結果は、締め切りの1週間後までに合否に関わらず連絡させていただきます。
*これまでに二次募集で申し込み多数になり選考が厳しくなることが多くあります。ご参加をご希望の方は、早めのエントリーをお勧めします。

 

応募方法:下記のフォームから応募ください。

https://forms.gle/XyFdNrjMCYbnuPdAA

*先着順ではなく、書類選考とさせていただきますが、応募者多数の場合は早めに締め切ることもあります。応募をお考えの方は、早めの応募をお願いします。
*選考結果は、締め切りの1週間後までに合否に関わらず連絡させていただきます。
*過去の傾向では、二次募集で申し込み多数になり選考が厳しくなることが多くあります。ご参加をご希望の方は、早めの時期のエントリーをお勧めします。

お問い合わせ

お問い合わせは下記フォームもしくはメールアドレスまで

NPO法人アースキューブジャパン事務局
くるまざダイアログ大学担当(石水):earthjapan.a@gmail.com

特定商取引法に基づく表記】
「特定商取引に関する法律」第11条に基づき、以下のとおり表示致します。

事業所の名称*NPO法人アースキューブジャパン
​事業所所在地*​岡山県倉敷市阿知2丁目16ー35
代表者名*代表理事 中村功芳
​事業者の連絡先*​
メールアドレス:earthcube.air@gmail.com
電話番号:個人・09028005555または 代表番号05031744908
​営業時間*平日 9:00 〜 18:00
販売価格*販売価格は、購入手続きの際に画面に表示される金額(20,000円/税込)と致します。
​販売価格以外に発生する金額*当サイトのページ閲覧、コンテンツ購入、ソフトエアのダウンロード等に必要となるインターネット接続料金、通信料金などはお客様負担となります。それぞれの料金は、お客様がご利用のインターネットプロバイダまたは携帯電話会社にお問い合わせください。
代金の支払い方法*クレジットカードによる決済
代金の支払い時期*初回申込時および次月以降、申込日より1ヶ月後毎
商品の引き渡し時期*所定の申し込み〆切から1週間後までに入会審査をいたします。その後ご利用いただけます。キャンセルについての特約に関する事項*サービスに欠陥がある場合を除き、購入後のお客様の都合によるキャンセルをお受けできません。
解約に関する事項
・契約期間内であれば、いつでも解約することができます。
・解約後、即日サービス提供が終了し、請求を停止します。
・解約は本サービスの設定ページより行うことが可能です。
・途中解約による返金は承っておりません。

 

 

くるまざダイアログ大学ゼミ紹介

【〆切間近‼】【中村あつよしと学ぶ】くるまざダイアログ大学ゼミ

関連記事

  1. 【くるまざ大学おすそわけVol.1】2021年5月16日

    みなさんは最近”人”と真剣に向き合う機会、ありましたか?こんにち…

  2. 【募集終了】くるまざ大学2020@オンライン*受講者募集!

    2022年度(2022年9月スタート)受講者募集!▼ 詳細はこちらからhttps…

  3. 【〆切間近‼】【中村あつよしと学ぶ】くるまざダイアログ大学ゼミ

    くるまざダイアログ大学 1年をとおして大人(社会人)が本気で学ぶ、くるまざ大学。今秋スタート…

  4. 【ご報告①】第17回ゲストハウス開業合宿

    【レポート①】第17回「地域と生きるゲストハウス開業合宿」inくらしき始まりました!第17回…

  5. 「暮らし旅」旧街道中山道の宿場町 関ヶ原編

    〜「暮らし旅」旧街道中山道の宿場町 関ヶ原編〜旧中山道の宿場町をあるくイベントです。垂井宿か…

  6. どんなゲストハウスをつくりたい?

    最近、個人や行政関係者、また地域おこし協力隊の方からゲストハウスをつくりたいと、相談を頂くことがあり…

  7. 第19回「地域と生きるゲストハウス開業合宿」

    ◆ 地域と生きるゲストハウス開業合宿 IN倉敷第19回 / 2017年 6月9日(金)・10…

  8. くるまざダイアログ大学 講師紹介

    くるまざダイアログ大学あなたの「理想を現実化する」大学。12ヶ月にわたって「あなたのなりたい…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP