menu

アキタカタ暮らしの美術館 Ⅳ~農家さんの想いをつなぐ~

丁寧に、豊かに暮らす人々の、その暮らしぶりがアートのように感じられる、広島県は安芸高田市。

第2回目は島根県隣接する川根での暮らし、第3回目は仙人の里と呼ばれる天空の棚田での暮らしをご紹介しました

第4回目は、農家さんの想いをつなぐことをナリワイとされている方のご紹介です。

1.生産者の想いを伝える伝道師

2021年4月に広島市からアキタカタへやってきた地域おこし協力隊の沖横田秀雄さんは、
元幼稚園教諭をされていました。
ご自身もお子様がいらっしゃって、自然豊かな地域で子どもたちを育てたいと思っていたことなどがきっかけで、広島市内から1時間圏内の八千代町へ来られました。

つながりのある農家さんやお知り合いが多く、生産者の方のお声を実際に聞いてる中で、
みなさんがどんな想いや過程を経て農作物を作られているか、その想いをもっと多くの方に
知ってもらいたい!と、
特に市場に出にくい、出ていない農作物を生かす活動をされています。

見た目が悪かったり、「規格」外でも、どういったこだわりで作られているのか。
それがきちんと届けば販路はもっと広げられる。
また、そうした農作物と誰かを引き合わせることで、新しいものになるかもしれない。

そう、熱く語ってくださいました。

具体的には、市場に出にくい農作物を販売店を想いを伝えたりして販路を広げたり、
移動販売をされたり、農作物を生かした商品開発などに携わっています。

    
いわゆる「規格外」でも、無農薬でつくられていたり、想いがある。
右のこだま梨も小ぶりで規格外とされている梨を生産者×高校生×道の駅がコラボして商品化されました。

沖横田さんご自身も里山暮らしを実際におこないながら、
アキタカタのアートな暮らしぶりを、多くの方に伝える『伝道師』なのです。

2.珍しい野菜を作る人気者農家さん

 

私たちもサポートさせていただいた企画は、沖横田さんと同じように、就農や半農半X(エックス)を考えられている方たちに農業体験を楽しくしていただき、農業に関わってくれる若い人材を増やしたい!というものでした。

この「楽しく」でも現実的な部分も学ぶというところが重要で。
この農業体験を実施してくださる農家さんを誰に依頼するかも大切になります

体験をさせてくださるのは、市内外問わず、野菜作りを学びにやってくる方が途絶えない、
「ファームもりわき」の森脇さんご夫妻です。

安芸高田市役所があり、市の中心である吉田町で、珍しい西洋野菜を中心に200種類以上のお野菜を作られています。

有機栽培で化学肥料を使わず、オリジナリティあふれる野菜作りとご夫妻の笑顔が絶えないお人柄から、毎日のようにお客様がいらっしゃいます。

   
   

お二人のところに訪れると、楽しく豊かに暮らすことっていうのはいくつになってもできるし、何なら歳を重ねるほど、もっと楽しいことが増えていくんだ、って、本当に元気と多くのヒントがいただけます。

3.宝ものはたくさんある


2022年11月の祝日に、お子様連れのご家族の方が定員人数満員でご参加されました。

カラーピーマンを採ったり苗床を作ったり、レタスの植え付けや赤大豆の選別作業、
移動中には畑で育てているお野菜たちをクイズ形式で説明してくださいました。


「よっちゃん」と呼ばれ親しまれている森脇さん。子どもたちもわくわく、真剣に聞いています!

「ファームもりわき」の広~~~い畑に、珍しい野菜がたくさん。
子どもたちは「これはこれは?」と興奮気味に、尋ねながらついていきます。

 


 

大人たちは、作り方、育て方に興味津々。
もりわきさんではオリジナルの肥料や、道具などもお手製のものだったり、一般的には「いらない」と廃棄されそうなものを活用されていました。

数多くの珍しいお野菜を作っていらっしゃるのは、一般的な農家さんが専門的に何かを大量に作って販売するスタイルであるのに対し、10種類ほどの野菜をサラダミックスとして販売し市場で負けないため。
「もらいもの」や古くなったもの、今あるものを使って必要な道具を創り出す、そしてまた必要な人がいたらあげる。知識を学び、「もったいない」意識ができると、少ないお金で生活必需品がそろう。

森脇さんは本やYouTubeなどの動画などで必要な知識を得て、いろいろなことを実践する。
田舎にいると、自分で作ったり試したり、やりたいことがたくさんできるし、それが面白い。
宝ものは目の前にたくさんあるんよ、と朗らかに笑っておっしゃいました。

   
よっちゃんが考えたオリジナルの肥料!右は炭を作っているところ。

4.アキタカタとのかかわり方


お昼には、森脇さんの畑で採れたカラフルな野菜たちが食卓を彩っていました。
子どもたちも、普段はあまりお野菜を食べないという子もモリモリと食べていました。

「野菜おいしい!」

参加者の方々のその言葉と笑顔を見たときに、今回の企画の目的はしっかりと届いたと実感できました。



野菜をまるごと、「おいしい!」ともぐもぐ。ごはんのあとは仲良く遊んでいた子どもたち。

今回学べたのは、工夫しながら農業を暮らしに取り込むことは可能だということ。
また、自分たちが食べる分を作って余ったら販売したり、何かと交換したり。
そうした暮らしだったら農業がメインでなくても暮らせる。

まずは今の暮らしをしながら、アキタカタの農家さんと繋がりを作ったり、畑づくりを学んだりする。
就農や半農半Xに興味がある方は、そうしたかかわり方からスタートしてみてはいかがでしょうか。



 

アキタカタ暮らしの美術館 Ⅲ~仙人の里、天空の棚田~

アキタカタ暮らしの美術館 Ⅴ~伝統芸能、神楽の魅力を伝える『神楽王』~

関連記事

  1. 【10月15日】暮らしの美術館 in アキタカタ~オンラインアー…

    暮らしの美術館 in アキタカタ「暮らしの美術館」 10月15日は特別編として安芸高田市と一…

  2. アキタカタ暮らしの美術館 Ⅱ~川根の希望のBar(場)~

    前回の記事では、アキタカタ暮らしの美術館とは実際どんな暮らしなのかをお伝えしました。…

  3. アキタカタ暮らしの美術館 Ⅴ~伝統芸能、神楽の魅力を伝える『神楽…

    丁寧に、豊かに暮らす人々の、その暮らしぶりがアートのように感じられる、広島県は安芸高田市。…

  4. アキタカタ暮らしの美術館 Ⅲ~仙人の里、天空の棚田~

    丁寧に、豊かに暮らす人々の、その暮らしぶりがアートのように感じられる、広島県は安芸高田市。…

  5. アキタカタ暮らしの美術館Ⅰ~アキタカタってどんなまち?~

    アキタカタ『暮らしの美術館』とはそこには丁寧な暮らしをする人々がいる。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP